Close
Free HTML5 Bootstrap Template

About Me

らいとすたっふ

多摩市で活動している社会人ビッグバンドです。練習目的に集まっている所謂「リハーサルバンド」のため、ライブなどはほとんどやりません。が、最近ちょっと頻度が上がっています(年に1回ぐらい)。どこかで見かけたら声をかけてください。

Prev Next
Image
About US

らいとすたっふについて

July 26th, 2016

らいとすたっふは、月に1度集まって、自分の限界に挑戦し、満足して帰ることを目的とした、所謂リハーサルバンドと呼ばれるバンドです。

私にとってバンドは余暇の過ごし方のひとつであり、遊びの一種です。

そのため、極力ストレスをためないように『細かいことは気にしない』で活動しています。

高尚な目的も無く、人前に出る気も(ほとんど)無く、ただ集まって演奏するだけの集団ではありますが、遊ぶときほど本気で遊ぶのが大人というものなのでしょう。大真面目に遊んでいます。

ですので、

「遊びでやってるんじゃないんだよ!」

とか言っちゃう方は、どうぞお帰りください。

最低限の約束事さえ守っていただければ細かいことは特に言わないようにしているつもりです。やたらと係をつくったりとかしないので、運営というもにロマンを感じちゃう方は他のバンドへ行かれたほうが幸せになれます。

このバンドはビッグバンドのサウンドを作っていく作業をしながら、プレイヤーが楽しむことだけを目的としているバンドです。

だから、本気で遊ぼうと思っているプレイヤーにはとっても優しい。

でも、本気で遊んでるので、音楽的にはやっぱりちょっと厳しい。

そんな環境だと思います。

『自分の限界に挑戦しながら、本気で音楽で遊ぼう』と思っている方は、是非一度一緒に遊びましょう。

ざっくり特徴をまとめてみましたよ。

・リハーサルは月に1回。

・人前にはあまり出ない。

・1回500円。(もうちょっとかかることもある)

・運営が~とか言わない。

・細かい部分はセクション任せ。

・変わった人が多い。(いい意味で)

・無駄に熱い。(いろんな意味で)

・よく毒を吐く。

“Making the simple complicated is commonplace; making the complicated simple, awesomely simple, that's creativity. ” — Charles Mingus

練習風景
こんな感じでリハーサルをしています。

バンドについて

らいとすたっふ(当時はRight Stuff)ができたのは、2009年の9月のことでした。
いろいろあって、それまで関わっていたバンドから手を引き、重たい腰をようやくあげたのがこの年です。 それからなんやかんやあって、名前がひらがなになり、当時では考えられないくらいゆるいバンドに変貌いたしました。

ゆるいバンドというと勘違いされがちですが、このバンドがメンバーに求める音楽的な技量は決して低いものではありません。楽譜はそこそこ難しいものが多い上、アドリブも確実に求められます。 らいとすたっふのゆるさというのは、所謂「運営」であったり「雰囲気」であり、音楽的なものではありません。

めんどくさいことはしたくないけど、ビッグバンドでちゃんと演奏したい。という人はこのバンドに合っているかもしれません。

>
2013年 せいせきビッグバンドフェスタでの演奏

らいとすたっふの運営について

多くのバンドが、『運営』という言葉に惑わされ、グダグダになっていくのを見てきました。ところで『運営』っていったいなんなのでしょう? バンドの運営とは、人を集め、譜面を揃え、練習場所を確保し、練習を仕切ること(ついでに打ち上げの実施)。これだけです。たったこれだけのことに何人も費やし、意味のない会議を重ね、挙句もめて潰れていくバンドのいかに多いことか。

このバンドは私のわがままで始まったバンドです。なので、意思決定も私が独断で決めます。「みんなで相談して~」ということは一切ありません。意見を聞くことはあっても、何かを多数決で決めることはありません。
そのかわり、バンドメンバーに雑用と責任を押し付けることは(基本的に)ありません。私がバンドメンバーに求めることはただ一つ「良い演奏をしてもらうこと」です。